中古車のチェックポイントを知っていますか?

15万キロまでならきちんと走行します。

一般的に自動車ディーラーなどでは10万キロを経過したら中古車としては価値がないという場合がありますが、最近では自動車の部品も良くなり耐久性もかなり向上しているのが事実です。そのため10万キロを超えた中古車でもかなり走行する事ができます。特に10万キロを超えた中古車はかなりリーズナブルな価格販売されているのでとにかくやすい車を購入したいのであれば、10万キロを超えた中古車を選択するのも一つです。

車検の有無もチェックしよう

新車の場合には納車時に必ず車検が付いていますが、中古車の場合付いていない場合もあります。中古車を探すときに異常に価格が安いパターンだと車検が付いていないか、車検切れ間近の場合があります。そうなると結果としてかなり高い支払額となる可能性もあります。そのような訳からきちんと車検が付いているのか調べておく事も必要です。

きちんとした保証があるかどうかもチェックしよう

車は高速走行する場合もあり、どうしても不具合を起こす可能性は否定できないです。しかも一回不具合を起こすとかなりの金銭的な負担を覚悟しなければいけません。そのため事前にきちんとした保険会社による保証が付いているかどうか確認しなければいけないです。保険に加入しているかどうかは販売店に行けば確認する事が可能です。

事故車かどうかも見ておこう

過去に事故をした車かどうかのチェックも重要です。事故車は修復しているのでその部分はかなり弱いです。その部分が破損する可能性はかなり高いです。そのため事故車も出来るだけ避けるべきといえます。

高い安全性を誇るボルボに一度は乗ってみたい、という方にボルボの中古車がお薦めです。安全性を追求した車体に乗ると、守られているような安心感が得られます。