<受付終了>ふるまち春フェスタ×ケント大学 料亭遊びを学ぶ花街ツアー

教授  中川滉子 (川辰仲)

開催日

2016年04月24日(日)10:00 ∼ 13:30 (開場 9:30)


申込締切:2016年04月11日

抽選日 :2016年04月11日

  • 授業内容はこちら
  • 2016年3月23日 11:19

    ふるまち春フェスタ×ケント大学『料亭遊びを学ぶ花街ツアー』の予習です。


    2部構成のはじめは芸妓の置屋さんを見学します。

    昭和初期に建てられた川辰仲(かわたつなか)さん。

    鍋茶屋の真向かいにあり、営業当時は懇意にされていたことがよくわかります。



    川辰仲のお庭。

    井戸があったり、いわれのあるサルスベリがあったりと見所があります。


    川辰仲を創業した初代中川タニさんは、当時の写真誌にも掲載されています。


    襖紙も美しい柄ではないですか?

    実はコレ、着物の生地なのです。


    置屋さんのメイクルームです。三味線などもあり、この場所で芸に磨きをかけていたようです。


    今で言うならテラス的なしつらえになっています。

    写真ではよくわからないと思いますが、実際に目の当たりにすると凄さが際立っています。



    続いて第二部。

    誰もが知っている高級料亭「鍋茶屋」。

    ここでランチと芸妓の舞を鑑賞します。


    このお料理は昨年11月に外国籍の方限定のまち歩きツアーで提供されたものです。

    コレ以外にも先付けやお椀、炊き込みご飯など、本当に美しい料理を体験できるはずです。



    芸妓の舞も鑑賞します。



    授業に差をつける気はありませんが、それでもこの授業はとっても価値がある授業です。

    古町は賑やかな花街だったころに思いを馳せることができるような授業です。タイムスリップした感覚でお楽しみください。


今回の教室 [集合]NEXT21 1F アトリウム
住所 新潟市中央区西堀通6番町866

地図を見る

定員 20名
授業料 7,000円
教授 中川滉子 (川辰仲)
授業詳細 この授業は芸妓の置屋鑑賞と料亭ランチ&芸妓の舞の二部校正です。
まずは芸妓の置屋(今で言う芸能プロダクション事務所)を観覧します。
芸妓の美しさを際立てるための建物は、料亭の建物と対比してみると新鮮な発見があるはず!
置屋を一般公開している施設は全国でもかなり珍しく、貴重な体験になるはずです。

続いては料亭ランチ&芸妓の舞。
全国でも有数の花街として知られた古町を支えた料亭鍋茶屋と、花街の彩りである芸妓。
江戸時代から受け継がれた伝統美を堪能し、本物を知ることが出来る授業です。
華やかで美しい料理、おもむきのある建物、そして芸妓。
古町だからこそできる本物のおもてなしを体感してみましょう。


■授業の流れ
・NEXT21 1Fアトリウム集合〜移動
・置屋「川辰仲(かわたつなか)」の見学
・鍋茶屋にて特製ランチ&芸妓の舞鑑賞 
・鍋茶屋の館内見学
・1時頃終了予定
懇親会 無し
備考 ※参加は抽選となります。
※抽選結果は申込締切から2日以内にメールでお知らせします。
※受講確定後のキャンセルは授業1週間前より授業料同等のキャンセル料をいただきます。

中川滉子 (川辰仲)

古町でも伝統と格式の高い芸妓の置屋である川辰仲の建物を博物館として公開。 置屋が公開されるのは全国でも非常に珍しく、古町観光としても高い注目を集める。 昭和初期に作られた建物は細部に至るまで非常に手の込んだ作りで、見応え充分。 芸妓の美しさを引き立たせる細かいこだわりは目を見張るものがある。 川辰仲の初代中川タニさんの孫にあたる。

    \ シェアしよう /

授業の詳細等は、お気軽にお問い合わせ下さい。